« 夏の終わりのTDS(9) ケープコッド・クックオフ編 | トップページ | Fresh!撮影会(21) 友井恵梨さん(5) 85G編2 »

2008年9月30日 (火)

牛久浄苑~ポティロンの森(2) 35G編2

秋雨前線rain…暦もそうですが、実際にもう秋なんですね。昨日は、一気に寒くなりました。台風15号も近づいていますが木曜日ぐらいに抜けるようです。今度の日曜日はまだ予定を立ててないのですが…天気次第かな。coldsweats01

9月21日の牛久大仏~ポティロンの森。前回(9月27日付記事)の続きです。α700にソニーの35Gを付けて撮ったものを。

-1-
Dsc0675135g80200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/80 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0
場所を「ポティロンの森」に移して。ポティロンの森は農業公園で、門(入口)・園(花壇)・街(売店やレストラン)・芝(芝生広場)・牧(馬小屋と乗馬場)・村(体験教室や工房)・愛(放牧場)・遊(自転車やパターゴルフ場)の8つのエリアがあります。写真は「街」の中心にある像です。

-2-
Dsc0675335g28200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/60 F2.8 ISO200 SilkyPix DS3.0
芝のエリアの途中で見つけたドングリです。

-3-
Dsc0675535g28200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/640 F2.8 ISO200 SilkyPix DS3.0
村のエリアにて。う~ん、曇天です。

-4-
Dsc0675835g17200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/640 F1.7 ISO200 SilkyPix DS3.0
ここに来た目的の一つは体験教室。パンやアイス、バターを手作りできます。カミさんと娘は成形パンを作ることにしました。作っている間にボクは花撮りです。wink

-5-
Dsc0676135g14200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/10 F14 ISO200 SilkyPix DS3.0
村の中心にある噴水。スローシャッターにしてみました。

-6-
Dsc0676235g45200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/80 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
噴水の周りあったコリウス。ビビッド仕上げで。happy01

-7-
Dsc0676435g28200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/125 F2.8 ISO200 SilkyPix DS3.0
もう1枚。たしか、昨年は武蔵丘陵森林公園で撮りました。>コリウスhappy01

-8-
Dsc0683135g80200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/50 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0
キバナコスモスのエリアで。一角だけですが、咲いていました。

-9-
Dsc0683535g35200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/250 F3.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
少し寄って。もうこの時は土砂降りでした。傘をさしての撮影です。

-10-
Dsc0684835g56200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/160 F5.6 ISO200 SilkyPix DS3.0
35Gは結構寄れます(最短撮影距離:30cm)。蛾がとまったので寄ってみました。解像感もイイです。wink

-11-
Dsc0685935g80200800
α700 + SONY 35mm F1.4G SS:1/60 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0
パンができました。娘は「亀パン」、カミさんは「ひまわりパン」です。wink

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ有益な情報や気に入った写真がありましたら、ポチッとお願いします。励みになります。(^^)ノ
(c) Minch pig

|

« 夏の終わりのTDS(9) ケープコッド・クックオフ編 | トップページ | Fresh!撮影会(21) 友井恵梨さん(5) 85G編2 »

35mmF1.4G」カテゴリの記事

[地]牛久」カテゴリの記事

α700」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の終わりのTDS(9) ケープコッド・クックオフ編 | トップページ | Fresh!撮影会(21) 友井恵梨さん(5) 85G編2 »