« Visitor -来訪者- | トップページ | 行田・古代蓮の里(6) STF編 »

2008年7月17日 (木)

池上本門寺(1)

という天気予報でしたが、日中は 。空も青いです。 ナンデ ナク?

さて、今回は「結構近くなのに、行ったことがなかった…」、そんな場所です。7月13日(日)、朝から会社に行かなければならなかったので、社用(ほんの数分)が終わった後、午前中に池上本門寺に足を伸ばしてみました。機材はα700とソニーのバリオ・ゾナーDT16-80mmです。

-1-
Dsc046335045200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 50mm SS:1/2500 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
起点は東急池上線の池上駅。ここから歩いていきました。結構、暑かった…。

-2-
Dsc045502445200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 24mm SS:1/1000 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
本門寺に至る階段。此経難持坂(しきょうなんじざか)という名前だそうです。96段の石段ですが、長くは感じなかったです。

-3-
Dsc045513545200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 35mm SS:1/400 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
ちょっと立ち止まって。  ズームのバリオ・ゾナーDTでも、このぐらいにはなります。>ボケ味

-4-
Dsc045523040200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 30mm SS:1/1250 F4 ISO200 SilkyPix DS3.0
階段を上がったところで仁王門です。この日は新暦のお盆の入りでした。観光客はあまりいなかったです。墓参の人々は結構見ました。

-5-
Dsc045548045200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 80mm SS:1/320 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
紫陽花がまだ残っていました。光と影を感じて…。

-6-
Dsc045551690200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 16mm SS:1/160 F9 ISO200 SilkyPix DS3.0
仁王門の外側から境内を。真っ青ではなかったですが、空が青かったのが救いです。

-7-
Dsc045572490200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 24mm SS:1/500 F9 ISO200 SilkyPix DS3.0
仁王門をくぐり、大堂を眺めます。都内ですが、静かです。こういう建築物と空の組み合わせは、結構好きです。

-8-
Dsc045583045200800
α700 + SONY Carl Zeiss Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA 30mm SS:1/2000 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0
バリオ・ゾナーDTは周辺減光が激しいです。けど、広角16mm(換算24mm)から中望遠80mm(換算120mm)までの広い焦点域を難なく網羅してくれるので、軽装備での撮影には重宝しています。今回は、この他に50mmマクロと100mmソフトの3本をオフトレール1に入れて持っていきましたが、50マクロは出番なし。100ソフトは花撮りに少しだけ使ったぐらいで、ほぼバリオ・ゾナーDT1本撮りでした。

にほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ有益な情報や気に入った写真がありましたら、ポチッとお願いします。励みになります。(^^)ノ
(c) Minch

|

« Visitor -来訪者- | トップページ | 行田・古代蓮の里(6) STF編 »

α700」カテゴリの記事

16-80mmVario-Sonnar」カテゴリの記事

[地]池上本門寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Visitor -来訪者- | トップページ | 行田・古代蓮の里(6) STF編 »