« 世界らん展日本大賞2008(11) Fish-Eye+VS-DT編 | トップページ | 牛久浄苑2008春 »

2008年3月28日 (金)

ソレイユの丘(8) 鳶がくるりと輪を描いた編

昨日の更新で、当初の目標としていた「毎日更新1年間」が達成できました。「みんちゃんブログ」からの足掛けになりますが…。ご覧いただいている方に感謝します。また今後とも、宜しくお願いします。(_o_)

さて、3月2日のソレイユの丘。今回は、上空を飛びまわっていた鳶(トンビ)を狙ったものを。α700にミノルタの100マクロと同じく200マクロGを付けて撮ったものを。まさか鳥撮りをするとは思っていなかったので、200マクロが最大望遠でした。

-1-
Dsc0229720080200800
α700 + MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G SS:1/2000 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0
200ミリでも遠いです。三脚は持っていたのですが、今回のトンビ撮りは全て手持ちです。

-2-
Dsc0229920080200800
α700 + MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G SS:1/800 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0
後姿ですが、少し模様とかも見えたり…。

-3-
Dsc0232120045200trim800
α700 + MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G SS:1/2000 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0 トリミング
トンビは一匹ではなく複数飛んでいました。交差したところが撮れました。

-4-
Dsc0232320045200800trim
α700 + MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G SS:1/1600 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0 トリミング
だんだん慣れてきたのか、ピントが合うようになってきました。

-5-
Dsc0232420045200trim800
α700 + MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G SS:1/2000 F4.5 ISO200 SilkyPix DS3.0 トリミング
正面をビシッと見据えて。

-6-
Dsc0233220080200trim800
α700 + MINOLTA AF APOTELE MACRO 200mm F4G SS:1/640 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0 トリミング
+1EVで撮ったので、バックの青空が飛んでしまいましたが、透ける羽が良い感じかと…。

-7-
Dsc0233310080200trim800
α700 + MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8 (I型) SS:1/1000 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0 トリミング
トンビ撮りを止めて、しばらく花撮りなどしていましたが、さっきより近い所をトンビが飛ぶようになったので、付けていた100マクロで狙ってみました。トリミングしていますが、結構シャープに写りました。

-8-
Dsc0233410080200trim800
α700 + MINOLTA AF MACRO 100mm F2.8 (I型) SS:1/250 F8 ISO200 SilkyPix DS3.0 トリミング
こちらも+1EVで撮ったものです。空は犠牲になりましたが、顔がよく写りました。
1/250秒で羽がブレていますが、動きがあって良いかな…と。

やっぱり鳥撮りは、難しいですね。
ちなみに、タイトルの「鳶がくるりと輪を描いた」は古の歌謡曲の一節ですが、ソレをご存知の方は、ボクより年上の方でしょう…ね。昭和33年(1958年)の歌ですので、ボクは生まれていないです。  故三橋美智也氏の歌です。

これにて、3月2日のソレイユの丘シリーズは終了です。長々お付き合いいただき、ありがとうございました。(_o_)

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ有益な情報や気に入った写真がありましたら、ポチッとお願いします。励みになります。(^^)ノ
(c) Minch

|

« 世界らん展日本大賞2008(11) Fish-Eye+VS-DT編 | トップページ | 牛久浄苑2008春 »

α700」カテゴリの記事

100mmMacro」カテゴリの記事

200mmMacroG」カテゴリの記事

動物・昆虫・鳥」カテゴリの記事

[地]ソレイユの丘」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界らん展日本大賞2008(11) Fish-Eye+VS-DT編 | トップページ | 牛久浄苑2008春 »